家族葬は現代葬儀の象徴~メモリアル就活儀式~

葬式

故人を惜しむ

葬式の流れを理解

葬式

故人を惜しむ儀式として葬式といった風習が昔からあります。通夜、葬儀、告別式にはそれぞれの意味合いがあり、葬儀は故人をこの世からあの世へと渡っていただくための儀式の事です。それぞれ意味は違いますが年々通夜、葬儀、告別式の形式が少しずつ変わってきたりしていますが通夜、葬儀、告別式の意味というのを今一度理解する事によりそれぞれの大事な役割を知ることができます。通夜は葬儀の前日に家族や親戚で故人が邪霊に入り込まれる事がないように一夜を共にする事です。一晩ろうそくを絶やさぬようにしなくてはいけません。告別式は参列者全員が故人の最後のお別れの為に焼香する儀式です。こういった意味を理解し、自分が故人とどの程度のお付き合いであったかによって通夜、葬儀、告別式の参列の仕方を考える事ができます。

近隣からの協力

葬式の全体の流れは昔であれば隣近所や知人などがお手伝い等をしていただき故人の家族、親族が円滑に葬式がスムーズに行われるように協力していただく形が一般的で近所の方が亡くなると隣近所一帯で葬儀の準備に追われていました。しかし近年はそういった傾向は減り葬式全般の手配をすべて請け負ってくれる葬儀場が増えてきています。費用はもちろん加算されますが近隣の方からの協力を得ることなく行うことができるため人気となっています。ここで注意したいのが生前からのリサーチ不足により急遽お願いした斎場での費用が高すぎたり想像と違った葬式であったりと後悔しない為にはある程度の普段からの情報を知っておく事が失敗しない葬式を行うことができると考えます。