家族葬は現代葬儀の象徴~メモリアル就活儀式~

葬式

日本のお葬式

葬式

日本における葬儀は、葬式をとも呼ばれ通夜と告別式という二つの儀式に分かれていることが特徴です。近親者が執り行うのが基本であり、葬儀業者を利用する人がほとんどです。死者との別れを表す儀礼のため、黒を基調とした喪服を着ることです。通夜は急に執り行われることが多いのでその限りではありません。宗教などにより葬儀の方法は違いますが、寺院やセレモニーホールで盛大に行われていました。核家族化や高齢化、長引く不況に伴い、費用の書かkることですので最近は急速に見直しが進んでいます。そのため、小さなお葬式や家族葬、火葬のみを行う直葬など、さまざまな方式が増えてきていますし、今後もその様式が多様化していくと考えられます。

葬儀における注意点は、まず費用を明確化してからお願いすることです。各葬儀社ではセットプランなどが用意されている場合があります。基本的に葬儀には、葬式そのものにかかる費用や寺院関連費用、飲食接待費用などがかかり、地域により差があります。葬式にかかるプランといっても、祭壇や棺、異例写真屋位牌など多岐にわたりますので、もらう見積もりにどこまで含まれているのかをしっかりと理解してから契約をしておくことが必要です。その都度追加料金を支払っていると、総額が効果になることがあるからです。近親者が亡くなってすぐは精神的にも疲労していますので、手配だけでも大変です。できるだけ生前に情報取集しておくといったことが必要です。