家族葬は現代葬儀の象徴~メモリアル就活儀式~

葬式

葬儀の費用を抑える

見積もりで比較する

葬式

葬儀をするときは事前に見積もりをもらうことがとても大事です。何も考えずに病院や警察署が紹介してくれた葬儀社に依頼すると、実際は必要のないサービスにまでお金を払ってしまい、想像以上に高くなってしまうことがあります。ほとんどの葬儀社で見積もりは無料でできます。沢山の葬儀社に見積もりをもらって葬儀費用を比較することで相場がわかります。葬儀費用の内訳の詳細もしっかりチェックすることです。内訳を見ることでプランにどんな内容が含まれているのかが分かり、必要なサービス、必要のないサービスなどが分かってきます。いざ身内がなくなってからだと見積もりをする心理的余裕がなくなってしまうので、普段から依頼する葬儀社を話し合って決めておくことをおすすめします。

葬儀の基本プラン

家族葬は身内や親しい人達だけで行うリーズナブルな葬儀のことです。多くても30人以内の少人数だけが参列する葬儀なので、お別れ会のような感じでゆっくりと故人と最後の時間を過ごせます。家族葬プランはほとんどの葬儀社にあるほどメジャーなものになっています。家族葬の基本プランでは、寝台車、霊柩車、お焼香セット、三具足、遺影、祭壇、棺、骨壺、位牌、ドライアイスなど一通り必要なものがセットになっています。斎場の利用料や火葬料も含まれている場合もあります。香典返し、返礼品などの手配、遺品整理の手配、遺産相続の相談、墓石の購入の相談などのアフターサポートをしてくれる葬儀社もあります。家族葬に限らず、葬儀社に依頼することでスムーズに葬儀を執り行うことができます。